涅槃会を執り行いました

涅槃会 金峰寺では、毎年4月21日に、涅槃会と旧正御影供を併せて執り行っています。 このお祭りでは、「甘茶」というお茶を準備して、そのお茶を釈迦様の尊像にお掛けする、ということをします。それは、お釈迦様に「私の心にある煩悩を洗い流して下さい」と懺悔する意味です。...

「金峰寺たより」ミニコラム

4月1日に、金峰寺たよりを檀家さんに発行させていただきました。その一部抜粋を、掲載いたします。   「六文銭」  先日、お通夜の前に、納棺師さんが、「棺に10円玉を何枚か入れますか?火葬した後に取り出して、皆さんでお守りとして持っていただいても構いません。」と説明しているのを聞きました。  きっと六文銭のことでしょう。六文を三文ずつ、横に2列並べた形で、六文銭(ろくもんせん)や六道銭(ろうどうせん)と言われているものです。真田家の家紋としても有名ですが、実は「三途(さんづ)の川の渡し賃」だと云われています。...

春季彼岸会

春分の日。明治の頃は、「春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)」という日だったそうです。名前は変わった今でも、宮中では、旧例に準じて皇室の祖先様方の祭祀が守り続けられているということです。...

参加者募集中、団体参拝ツアー「信貴山と奈良・高野山」

今年の7月1~3日には、奈良県生駒山の信貴山朝護孫子寺に団体参拝ツアーを実施いたします。 【団体参拝ツアー「信貴山と奈良・高野山」行程】 7/1(初日)は、12年に1度の奥秘仏開帳がある「信貴山」へ。 7/2(2日目)は、奈良の東大寺や興福寺・奈良国立博物館を巡り、和歌山県の高野山「安養院」というお寺に宿泊します。 7/3(3日目)は、高野山「奥の院」に参拝し、そして清掃を行わせていただく予定です。   ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡下さい。ご参加をお待ちしております。...

大般若経六百巻転読祈祷法会

暦の上では雨水を過ぎましたが、昨晩から雪が降っています。 2月21日に、「大般若経六百巻転読祈祷法会」を、無事に執り行うことが出来ました。お足下の悪い中お集まり下さった皆様、ありがとうございました。 例年ならば、法要の後に法話と団子まきが行われますが、今年はまだコロナウイルスのことが続いておりますので出来ませんでした。 お祭りの途中で、穏やかな風が窓から吹き込んで来ました。春は、もうすぐそこまで来ているのではないでしょうか?雪の中でも、梅の幹は真っ赤に染まり、その訪れを待ち遠しそうにしています。...

境内に咲く萩の花

今年の早春に、檀家様からいただいた萩の株が、大きくなり、見頃を迎えました。白、紫、混色、どれもきれいに咲いて、境内を彩っています。...